アメリカ軍武器

M1ガーランド

7.62mm弾8発
銃剣

・最小射撃誤差
0.35
・威力
19.2
米軍の主力小銃。ガーランドという名は愛称らしく、正式には「U.S.Rifle Cal.30.M(MODEL)1」というらしい。
途中でリロードができないので、リロードするために「無駄撃ち」をすることがよくある。ゲームでも現実でもそれは変わらないらしい。
半自動小銃としては命中率がよく、威力もいい感じ。敵と至近距離にある時、闇雲に撃てば結構当たる。


スプリングフィールドM1903小銃

7.62mm弾5発
銃剣

・最小射撃誤差
0.35
・威力
19.2
アメリカ軍のボルトアクション式ライフル。


M1カービン
.30カービン7.62mm15発

・最小射撃誤差
0.65
・威力
10.65
米軍のカービン銃。米軍の出るマップなら大抵はある。
威力はあんまり、命中率もイマイチ。
M1A1カービンもあるが、これは降下兵用のもの。性能に差は一切無い。


M2カービン
.30カービン7.62mm30発

・最小射撃誤差
0.65
・威力
10.65
フルオートで撃てるカーピン銃。セミオート射撃も可能。
フルオート射撃はリコイルが大きいので、扱いづらいかもしれない。


M1928A1トミーガン

.45ACP弾50発

・最小射撃誤差
1.3
・威力
9.6
M1トンプソンの旧モデル。
M1トンプソンより若干連射速度が遅い。


トンプソンM1A1短機関銃
.45ACP弾30発

・最小射撃誤差
1.3
・威力
9.6
米軍の主力サブマシンガン。トミーガンから部品を色々取って簡略した銃。1丁45$。
米軍がいるマップなら大方は初期装備である。煙幕を一緒に持っていることが多い。
あまり命中率も良くない気がする。狭いところでは威力を発揮する。


M3グリースガン
.45ACP弾32発

・最小射撃誤差
1.0
・威力
9.6
トンプソンより使いやすい。1丁22$。
命中率も良い。少し連射速度が遅い。


ブローニングM1918自動小銃(Browning Automatic Rifle = BAR

.30-06スプリングフィールド(7.62mm×63)20発

・最小射撃誤差
0.45(セミオート・フルオート低速) 
0.65(フルオート・フルオート高速)
・威力
19.2
米軍の軽機関銃。WW2や朝鮮戦争・ベトナム戦争など長期に渡って使用され、日本国自衛隊やNATOでも使われていた。
威力は19.2とライフルと同じで、1発で敵兵士を殺傷できる。フルオートは正に凶悪。
ちなみにFH(SW)にはM1918A1とM1918A2の2種類あり、セミオートとフルオートを切り替えれるのが前者、フルオートの発射速度切り替え(低速・高速)ができるのが後者。
委託射撃機能が付いており、詳しくは公式ブログ参照。
この機能は、土嚢や塀などに機関銃を固定している状態になり命中率が良くなる。ただし移動は出来なくなる。


ウインチェスター・モデル12ショットガン
6発

・最小射撃誤差
1.5
散弾1発の威力
5.02
たぶんFHSWで唯一のショットガン。銃剣は標準装備で、右クリックでズームはできない。


ブローニングM1919重機関銃
1番席
7.62mm機関銃(200発×?)
アメリカ軍の重機関銃でジープなどに搭載されている機関銃も当機関銃が使われている事が多い。
性能としては突出したものは無いが、欠点と言えるものも無い。
キットでの持ち運びも可能。


ブローニングM2重機関銃
1番席
12.7mm機関銃(100発×15)
アメリカ軍の重機関銃で戦車にも搭載されている。対空攻撃や装甲の薄い装甲車相手にも攻撃が
通用するので汎用性は高い。


コルトM1911A1
.45ACP弾7発

・最小射撃誤差
1.0
・威力
9.6
米軍の自動拳銃。
特に特徴があるわけでもないような気がする・・・


M2-2火炎放射器



・威力(直接炎を浴びたとき)
90
残った炎にもダメージ判定あり。背中のタンクは2つ。


M1A1バズーカ

M6ロケット1発

・最小射撃誤差
1.0
・最大貫通力
100mm
・装填時間
5.6秒
詳しくは「雑記」参照


靴下爆弾
映画「プライベート・ライアン」でも登場する即席爆弾。
ある程度の吸着性があり、戦車に肉薄して設置する。
威力は他の対戦車武器に比べ劣るが、沢山設置すればティガー戦車でも破壊可能。


M1A1手榴弾(マークII手榴弾)
黄色のものと緑色の2タイプがある。

inserted by FC2 system